大興奮!ヴェルナー・パントン展 @ 東京オペラシティアートギャラリー

アート
スポンサーリンク

こんにちは。マンダラデザインアートブログのsachiです。

 

東京オペラシティアートギャラリーで開催中のヴェルナー・パントン展に行って来ました!

本当に楽しみにしていたのだ〜
もうね。どこから書いていいかわからないほど。
ギャラリーに住んでしまいたいような空間でした!

 

 

名作 パントン・チェア、ピーコック・チェアなどが勢揃い!

1967年に登場したパントン・チェアを中心とした椅子から始まった展示。
パントンチェアは誰もがどこかで目にしたことがあるのでは。

ほんと可愛いな。

 


http://www.operacity.jp/ag/exh111/より転載。以下同じ。
 


展示の仕方も素敵。ちょっと写真が暗いけど。

 

自分は下のピーコック・チェアのフォルムが好きだなあ。
脳天までとろけるくらいリラックスできそう。
座ったことないけど。。

 


こっそり座ってしまおうか(だめです)

 

夢のスペースエイジ・デザイン!テーブル、スツール、照明など

パントンのデザインには、大いなる遊び心と確かな機能美が共存していると思う。
プラスチックの温かさを知ったとも思った。

その他、展示はなかったのだが、樹脂製の発光する平たい円筒型テーブルイルメサ(1970年)。

 


(ヴェルナー・パントン展公式カタログより)

 

スペースエイジ・デザインの照明、VP-Globe(1969年)。

 


(ヴェルナー・パントン展公式カタログより)

 

無色透明なプラスチックの直方体。
空気に座る椅子バルーン・スツール(1954年)。

 


(ヴェルナー・パントン展公式カタログより)

 

これらは、いつか夢で見たことがあるような、言ってみれば無意識の領域に属するデザインだと思う。自分で言っていて意味が分からないが。
今でこそ、街や店で見かける種類のものかもしれないが、当時、よくもまあ実際の形にしたなと思う。

 

体感!憧れのファンタジー・ランドスケープ

後半は、靴を脱いで観賞するスペース。
そこはもう、パントン・ハウス!
どこを見ても魅力的。

 


http://www.operacity.jp/ag/exh111/より転載。以下同じ。

 

そしていよいよ、ファンタジー・ランドスケープへ!

 

洞窟の中のようでもあり、いきものの巣のようでもあり、「ミクロの決死圏」の世界に迷い込んだようでもある。
いきなりの非日常に素面でトリップ!
なんてサイケデリックな空間なんだ。

 


ファンタジー・ランドスケープ

 

なんでこんなの思いついてしまったのだろう!パントン兄!
そしてさらには作ってしまったのだ。
素材は柔らかいメッシュのような感じ。
虹色のグラデーションになっている。
その日の色の気分で心地よい場が決まるかも。
360度包まれている感じが気持ちいい。

平日の昼で、ほとんどひとり貸し切り状態だったので(贅沢!)あちらこちらのスペースに座ってみた。

高いところ。低いところ。
不安定なところにもあえて座る。寝そべる。
オレンジ・ゾーンにむらさきゾーン。きれいなながめ。

 

パントン ヴィトラ ファンタジー・ランドスケープ
https://www.vitra.com/ja-jp/magazine/details/panton-fantasy-landscapeより転載

 

仲間や家族が大勢いても、それぞれが思い思いの小空間でくつろいだり、語り合ったりできそう。
独りでいれば、きっと思索が深まる。
ここから宇宙に直結だ。

 

パントン ヴィトラ ファンタジー・ランドスケープ
https://www.vitra.com/ja-jp/magazine/details/panton-fantasy-landscapeより転載

 

デザインにはファンタジーが必要だ
と、パントンは言っていたのだそうだ。

彼の作品はどれもこれも幻想に満ち溢れており、中には奇想とも言われるような作品もあっただろう。
北欧の保守的なデザイン界の中では、相当な異端児的存在だったと思う。

 

最後のスペースでは3Dカーペット(ウェーブ)に座って
パントンに関するフィルムを見た。至福のときでした。

 


3Dカーペット(ウェーブ)

 


チケットも◎

 

ヴェルナー・パントン展
Verner Panton

期  間:2009年10月17日[土]─ 12月27日[日]
会  場:東京オペラシティアートギャラリー(3Fギャラリー1・2)
開館時間:11:00 ─ 19:00(金・土は20:00まで/最終入場は閉館30分前まで)

 

なお、この展覧会に先立ち、
丸ビルにある(marunouchi)HOUSEでもイベントがあった。
以下の写真はここで撮影したもの。素敵すぎました。

 

the MOTHER of DESIGN meets VERNER PANTON

スポンサードリンク:

ご訪問ありがとうございます!
よかったらクリックお願いします。励みになります。

にほんブログ村 美術ブログへ

コメント