「天文学と印刷」@印刷博物館の図録が素晴らしかった!

アート

Mandala Design sachiです。

  

小石川にある印刷博物館に、「天文学と印刷〜新たな世界像を求めて」展を観に行きました。

  
  

何が素晴らしかったって、図録やフライヤーの意匠!
個人的にここ数年でもっとも興奮する美しさだった。
そこで今回は、「天文学と印刷」のフライヤーやポスター、図録のデザインを中心に画像でレポートいたします!

  
  

入り口もカッコよくてじっくり見た。


ー ニコラウス・コペルニクス、ティコ・ブラーエ、ヨハネス・ケプラー、天文学の進展に大きな役割を果たした学者と印刷者の関係を紐解きます。(中略)学者と印刷者は共同で出版を行うのみならず、学者の中には自ら印刷工房を主宰した人物も存在します。本展では学問の発展に果たした印刷者の活躍を、天文学を中心に紹介します。ー

出典:
https://www.printing-museum.org/exhibition/temporary/181020/
アイキャッチ画像は以下よりお借りしました。
https://www.toppan.co.jp/news/2018/10/newsrelease181004.html

  
  

  
  

フライヤー(A4)は8種類あるとの前情報があったが、自分が行った時には4種類しかなかった。
一枚ずついただき持ち帰り、並べてみた!

  
  

  
  

そして額におさめた!

  
  

  
  

か、かっこいい…。
黒地に金箔の幾何学模様や天文学的アイテム。そして明朝フォント。どこまでクールなんだよ。。
しかし、これだけ美しいのなら、やはり下半身が欲しかった。
下半分を形作る残り4枚があれば、「天文学」「と印刷」という展示名が揃い、下のようなポスターになるしかけ。ああ全部揃えたかった。。

  
  

  
  

チケットやパンフレットも美しい!

  
  

  
  

そして黒地に金の箔で彩られた図録。
白地に黒文字のタイトルの入ったカバーがついている。

  
  

裏は「と印刷」。模様が左右で合っている!

  

  
  

ところで箔押しには「ホットスタンプ」と「コールドフォイル」という2種類の加工法があると知った。
従来からの方法は前者で、熱とハンコを押す圧力で箔を用紙に圧着させるので、印刷物に凹みが生じてしまう。

  
  

「天文学と印刷」の図録の箔押し法は、後者の「コールドフォイル」。
「コールドフォイル」は、熱や圧力を使わず、糊を使って箔を用紙に定着させるというもので、ご覧の通り表面はすべすべ滑らか。

  
  

  
  

常設の「プロローグ展示ゾーン」。
これがまた素晴らしかった。

  
  


画像出典:
https://www.stroll-tips.com/printing-museum/

印刷博物館「プロローグ展示ゾーン」「総合展示ゾーン」については、こちらのサイトが詳しいです!

  
  

本展示のことだけまったく触れぬ投稿になりましたが、、、そちらもとても良かったです ^^*
それでは!

  
  


会 期:2018年10月20日(土)~2019年1月20日(日)
会 場:印刷博物館




読んでくださってありがとうございます!
ポチッとしてね。


アートランキング

  
  

コメント