カルーセルエルドラドはどこに行くの?〜「思い出のとしまえん」@石神井公園ふるさと文化館

カルーセルエルドラドアートとデザイン
スポンサーリンク

こんにちは。マンダラデザインアートブログのsachiです。

 

2020年の8月、94年もの長い歴史の幕を下ろした遊園地「としまえん」。
そのあゆみをたどる企画展に行きました。

 

としまえん

大正15(1926)年9月15日に開園した「としまえん」は、令和2(2020)年8月31日、多くの人々に惜しまれつつ、94年の歴史に幕を閉じました。「としまえん」は、世界初となる流れるプールの開設や、日本初のダークライド「アフリカ館」の開設、機械遺産となった世界最古級の回転木馬「カルーセルエルドラド」の移設、斬新な広告など、常に時代の最先端を行き、遊園地の楽しさを多くの人々に発信してくれた存在でした。本展では「としまえん」のあゆみを様々な資料からたどります。

出典(上画像も):https://www.neribun.or.jp/event/detail_f.cgi?id=202108061628212077

 

 

あこがれの回転木馬「カルーセルエルドラド」

としまえんは、子どもが小さいころ数回遊びに行ったことはあるけれど、個人的に思い入れのあるのはメリーゴーランドの「カルーセルエルドラド」一択。

昔風に「回転木馬」とでも呼びたい感じの、ノスタルジックな大型遊具。

 

自分はひとりでよく、このカルーセルエルドラドの写真を撮りに出かけた。

以下は、2015年ころに撮ったもの。

 

 

カルーセルエルドラド

カルーセルエルドラドは1907年製。
超アンティークなメリーゴーランド!
ドイツのミュンヘンで名工と言われたヒューゴハッセの手によるものだ。

 

 

カルーセルエルドラド

 

カルーセルエルドラド

24頭の馬や豚・ゴンドラは木製。すべて手彫りだそうだ!

 

 

カルーセルエルドラド

メリーゴーランドの上部に描かれた中世風のイラストの美しさ!

 

カルーセルエルドラド

アールヌーボー様式の装飾が数百個の電球の下で輝く。
ハッセの最高傑作。

 

 

カルーセルエルドラド

読めないけど、ドイツ語のプレートがカッコいい。
そしてランプの雰囲気が本当にすき。いいなぁ。。

 

カルーセルエルドラド

近くで見ると細眉の天使くん。

 

 

この回転木馬が好き過ぎて、シネマグラフまで作りました。。

 

 

 

さて、「思い出のとしまえん」です。
展示の目玉はカルーセルエルドラドのネオンサイン。

 

としまえん

としまえん

 

展示されていた説明ボードには、カルーセルエルドラドの歴史が記されていた。

カルーセルエルドラドは(中略)ヨーロッパ各地の移動遊園地をめぐった後、アメリカのコニーアイランド・スチープルチェース遊園地へ渡り、遊園地閉鎖後は倉庫で保管されていました。
としまえんは、昭和44(1969)年、遊園地の目玉にと購入し、改修と組み立て2年をかけ、昭和46(1971)年に開設しました。芸術作品と機械技術が見事に融合していることから、平成22(2010)年に日本機械遺産学会により、機械遺産に認定されました。閉園までの49年間で、延べ2,630万人の来園者を乗せてきました。

 

スポンサーリンク

時代を築いた「としまえん」の広告

会場内にはとしまえんの歴代のポスターが貼られ、テレビCMが放映されていた。

 

としまえん
衝撃的だった「プール冷えてます」笑

 

としまえん
温水さん、懐かしい…。

 

 

そして、問題作だったこちら。今でもよく覚えている。
としまえん

 

説明ボードには以下の説明が(笑)

史上最低の遊園地
エイプリルフールの4月1日、主要新聞に掲載された広告。博報堂が手がけたもので、としまえんとのプレゼンでは、最初の年「ふざけるんじゃない」と突き返され、2年目「お前もしつこいな」。3年目に「わかったよ、そのかわり責任はとれよ」と言われ、実現したものといいます。自虐広告が話題を呼び、来園者は増加しました。

 

としまえん

 

つまらない乗り物をたくさん用意して、二度と来ない貴方を、心からお待ちしてます。

って…。。

楽しくないし、夢もない、おんぼろ木馬(エルドラド)って…笑

 

 

そしてカルーセルエルドラドはどこに行くの?

としまえん

 

そして、とにかく気になるのは「おんぼろ木馬」wのゆくえ。

「としまえんの乗り物の第二の人生」というボードには、カルーセルエルドラドはなかった。
調べてみても、一度解体してメンテナンスする、という以上の情報はない(2021年10月6日現在)。

カルーセルエルドラドが2010年に認定された「機械遺産」には「動く状態で存在すること」という条件があるのだそうだ。

確かに作られて100年以上の月日が流れ、老朽化しているだろう。
しばらくの間はお休みして、またどこかで会えたらいいな。

「としまえん」も「西武園ゆうえんち」も西武グループ所有だから、カルーセルエルドラドは、西武園に行く可能性が高い?!かもしれませんね。

 

カルーセルエルドラドには以下の記事でも少しだけ触れました!

 

企画展 思い出のとしまえん
会 期:9月11日(土)~11月7日(日)
会 場:石神井公園ふるさと文化館 2階企画展示室
開館時間:9:00~18:00
休館日:月曜日(ただし9月20日(月・祝)は開館、21日(火)は休館)
観覧料:無料
特別協力:株式会社西武園ゆうえんち[旧会社名:株式会社豊島園]
スポンサーリンク

ご訪問ありがとうございます!
よかったらクリックお願いします。励みになります。

にほんブログ村 美術ブログへ

コメント