マルセル・デュシャンと日本美術 @ 東京国立博物館

アート
スポンサーリンク

マルセル・デュシャンと日本美術」を見に、東京国立博物館に行きました。
(アイキャッチはお借りしました)

  


ー 展示作品は、1912年ニューヨークで発表、デュシャンを一躍有名にした《階段を降りる裸体 No. 2》をはじめとする絵画、便器を「アート」にした《泉》を含むレディメイド、映像、写真や、豊富な関連の文献・写真資料など、フィラデルフィア美術館が誇る世界有数のデュシャン・コレクションが一堂に会します。 生涯を通じてデュシャンは「決して繰り返さない」「同じことをしない」よう、常に新しい表現方法を模索し続けました。一方、その根底に流れるコンセプトや表現モチーフは一貫しています。このある種の矛盾と、それぞれの時期の彼の制作物・行為がつながっていることを、作品と資料で明らかにしてゆきます。ー

出典:
https://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1915

  
  

フィラデルフィア美術館が有する、世界に冠たるデュシャン・コレクションによる、国内での本格的なデュシャン展。
「便器をアートにした」「アートを何でもありにした」ということで語られもするデュシャンだが、その説は通俗的だ、という興味深い指摘を黒瀬陽平氏の美術評で読んだ。

  

今からおよそ100年前のことだが、デュシャンは男性用の小便器に「泉」というタイトルをつけて偽名で出品しようとした。自身も運営メンバーである「無審査の」展覧会である。ところがそれが出品拒否された。デュシャンは、それについての抗議文を発表する。
黒瀬陽平氏によると、彼は「便器をアートに変えた」かったのではなく、「一体誰がアートであるか否かを決めるのか?」についての問題提起をしたかったのだ。

  
  

《泉》

  
  

《彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも》(通称《大ガラス》)(1915-23)

  
  

《自転車の車輪》

  
  

《マルセル・デュシャンあるいはローズ・セラヴィの、または、による(トランクの中の箱)》

  
  

上は、過去の自身の作品をミニチュアにして革製トランクに入れたもの!
なんて楽しげなことをするんだろう。自分のためにほしかったのだろうなーなんて考えてしまう。
今だったらポートフォリオとしても使えそう。
この他にもマン・レイとともに動画なども作っており、発想の自由さが色々と刺激的。
楽しい展示でした。

  
  


会 期: 2018年10月2日(火)~12月9日(日)(会期終了)
会 場: 東京国立博物館(上野公園) 平成館 特別展示室 第1室・第2室




読んでくださってありがとうございます!
ポチッとしてね。


アートランキング

  
  

コメント