ミュンヘンでレトロフューチャーなホテル「コクーンスタークス」に泊まった!〜番外編

アートとデザイン

こんにちは。マンダラデザインアートブログのsachiです。

2018年4月、ミュンヘンプラハウィーンの三都市を、列車などを使いながら移動し旅をしました。

 

この旅の最終日に泊まったミュンヘンのホテル「コクーンスタークス」が強烈にカッコよかったので、写真でご紹介。
こんなにレトロフューチャーなお洒落ホテルなのに自分の知る限り、ブログ等に書いてる人はいない模様。インスタなどでもあまり投稿はない。お値段もお手頃でこんなに素敵なのに!
ミッドセンチュリーのデザインが好きな人にはたまらない雰囲気だと思います。

 

関連記事はこちら。

ミュンヘン・プラハ・ウィーン!列車移動で旅をした〜ミュンヘン編
ミュンヘン,チェコ,ウィーン,行き方,テアティナー教会,ホーフガルテン,レジデンツ
ミュンヘン・プラハ・ウィーン!列車移動で旅をした〜プラハ編
まずはカレル橋まで石畳の歩道をひたすら歩く。とにかくどの建物を見てもおしゃれ。名も知らぬ建物のどれもこれも。中世の名残を残した街の雰囲気にうっとりした。 カレル橋などに並ぶ銅像は全体的に黒っぽい。そして手にしている法具だけが金色に塗られているのがカッコいい。
ミュンヘン・プラハ・ウィーン!列車移動で旅をした〜ウィーン編
ハプスブルク家に仕えた貴族オイゲン公が建てた夏の離宮べルヴェデーレ宮殿にてクリムトを。 今ほかの世界中のどこにでもない、自分の目の前に「接吻」がある。これはものすごい幸福な気持ちだった。混んでいたけど日本の美術館とは比べ物にならないくらいゆったりと見れた。写真も撮り放題だし。宮殿も広々としてきれいだった。

 

ウィーンを発ち、電車で夜のミュンヘンに戻ってきた

17:30にウィーン中央駅を出た列車が、この旅のスタート地点であるミュンヘンに戻り着いたのは夜の8時半。雨が降っていた。

ところでドイツの人たちは、われわれ外国人に対して無関心な風に見えるのが旅行者としては心地よい。
チェコの人たちには割と観光客慣れしていない雰囲気を感じた。泊まったエリアがそうだっただけかな?東洋人が珍しいのかじろじろ見たり、逆にわかりやすく目をそらしたり。
オーストリアの人たちはその中間くらいかな。
(あくまでも個人的印象です)

 


ミュンヘン中央駅。時計はやっぱりMONDAINE(モンディーン)。

 


最後のディナーはわかりやすくドイツ風に。

 


大人なバーに、すいっと入ったはいいが超クールな雰囲気に押されそのままEXIT(泣)

 

スタイリッシュにもほどがある!Hotel Cocoon Stachus(コクーンスタークス)


たどり着いた!駅から徒歩5分。これがホテルコクーンスタークスだ!

 

駅からスーツケースを引いてカールス広場を抜け、若者の多い洗練された通りを歩くこと5分。雨上がりの街にネオンが映える「ホテルコーンスタークス」に到着!

 


うぉーーー!かっこええ!!

 


近未来映画のワンシーンか!!

 


なんだこれ!かっこええ!!!!

 


お部屋はこんな風。

 


ルームキーもスタイリッシュ!

 


フロントもラブリー!

 


フロント前のトラッシュボックスもかわいい。

 

 

ブレックファストはビュッフェで


朝食はここで。この椅子ほしい!

 


中庭でもいただけます。

 


マグもホテルのロゴ入り。可愛い。これ欲しかった。。

 


うれしいたのしい。

 


美味しくいただきました。

 

ミュンヘン「コクーン スタークス」所在地は

 

一泊だとさすがにきびしかった。
今度はゆっくり泊まりに行こうと思います!


【参考】コクーン スタークス
(¥12,289 / 2018.3時点)
所在地: Adolf-Kolping-Straße 11, 80336 München, ドイツ

 

スポンサードリンク:

 

こちらの雰囲気が好きな人には以下の記事もお勧めします!
ミッドセンチュリー・ラブですよ。

大興奮!ヴェルナー・パントン展 @ 東京オペラシティアートギャラリー
そしていよいよ、<ファンタジー・ランドスケープ>へ。洞窟の中のようでもあり、いきものの巣のようでもあり、「ミクロの決死圏」の世界に迷い込んだようでもある。 いきなりの非日常に素面でトリップ!なんてサイケデリックな空間なんだ。

 

関連記事:

ミュンヘン・プラハ・ウィーン!列車移動で旅をした〜ミュンヘン編
ミュンヘン,チェコ,ウィーン,行き方,テアティナー教会,ホーフガルテン,レジデンツ
ミュンヘン・プラハ・ウィーン!列車移動で旅をした〜プラハ編
まずはカレル橋まで石畳の歩道をひたすら歩く。とにかくどの建物を見てもおしゃれ。名も知らぬ建物のどれもこれも。中世の名残を残した街の雰囲気にうっとりした。 カレル橋などに並ぶ銅像は全体的に黒っぽい。そして手にしている法具だけが金色に塗られているのがカッコいい。
ミュンヘン・プラハ・ウィーン!列車移動で旅をした〜ウィーン編
ハプスブルク家に仕えた貴族オイゲン公が建てた夏の離宮べルヴェデーレ宮殿にてクリムトを。 今ほかの世界中のどこにでもない、自分の目の前に「接吻」がある。これはものすごい幸福な気持ちだった。混んでいたけど日本の美術館とは比べ物にならないくらいゆったりと見れた。写真も撮り放題だし。宮殿も広々としてきれいだった。

 

スポンサードリンク:


読んでくださってありがとうございます!
ポチッとしてね。


アートランキング

 

コメント