北欧の新たな美を発見!「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」@東京ステーションギャラリー

「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」@東京ステーションギャラリーアート
スポンサーリンク

こんにちは。マンダラデザインアートブログのsachiです。

 

東京ステーションギャラリーに、「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」展を観に行きました。

 


フライヤーとコースター。かわいい!いますぐ実物を見に行きたくなる!

 

北欧・フィンランドを代表するアーティスト、ルート・ブリュック。 名窯アラビアの専属アーティストとして約50年にわたって活躍し、初期の愛らしい陶板から膨大なピースを組み合わせた晩年の迫力あるモザイク壁画まで、幅広い作品を手がけました。重厚でエレガントな釉薬の輝きと、独自の自然観にもとづく繊細な図や形態は、今も多くの人びとを魅了しています。
本展は、約200点のセラミックやテキスタイルなどを通じて、その多彩な仕事を日本で初めて網羅する展覧会です。

出典:https://www.artagenda.jp/exhibition/detail/2908

 

とびきり愛らしい作品にあふれていました!

自分はルート・ブリュックをまったく知らなかったので、こんなにたくさんの美の発見をすることができて、素晴らしい1日になりました。
色味も質感もかたちも大きさもしびれるくらい美しい。本当に、ほしい。。
撮影可だったので画像を中心にご紹介。

 


《ライオンに化けたロバ》1957年

 

えっ。。
フライヤーのこの子、ライオンではなく実はロバだったんだ…。
うまく化けたね。ライオンに憧れてたんだね。ほっぺに星が光ってる。

 

 

暗く透き通った深い青と、下方の血の色のようなルビー色がたまなく魅力的。

 

 

配色センスが素晴らしい。

 

 

なんて愛らしく、そしてお洒落な構図なのだろう。。

 

 

このかたちが面白い。上の持ち手?部分のつぶつぶパーツが可愛いな。女性の表情もいい。

 

 


《最後の晩餐》1950-51年

 

 

 

 

 

 


《母子》1950年

 

それに加えて、ルート・ブリュックの展覧会の特設ページが素晴らしい!

それによれば、東京と伊丹はもう会期終了したけれど、今後は岐阜県現代陶芸美術館(2020年4月25日−7月5日)、久留米市美術館(2020年7月18日−9月6日)、その他、2020年秋に新潟県で開催予定と巡回するとのこと。

お近くのみなさま是非!

 

https://rutbryk.jp

*グッズはオンラインで購入できるそうですよ!

 

「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」
会期 2019年4月27日(土)〜2019年6月16日(日)
会場 東京ステーションギャラリー
スポンサーリンク

ご訪問ありがとうございます!
よかったらクリックお願いします。励みになります。

にほんブログ村 美術ブログへ

コメント