「心をつなぐあたたかな色 柿本幸造の絵本の世界」

アート

Mandala Design sachiです。

  

心をつなぐあたたかな色 柿本幸造の絵本の世界」@吉祥寺美術館に行きました。

  
  

フライヤーとカタログ。
  
  


ー 広島県に生まれ、20歳で上京してから広告関係のイラストを手がけていた柿本が、子どものための絵を描き始めたのは30代後半になってから。1954年7月号の『よいこのくに』(学研)で初めて挿絵を担当してから、月刊絵本や図鑑など活躍の場が広がる。ー

出典:
https://www.ozmall.co.jp/art/article/15652/
アイキャッチ画像(『こども音楽館 どうぶつのカーニバル』 文:筒井敬介 学研 1969年)他、お借りしました。

  

100万部を超えるベストセラーとなった『どうぞのいす』で、自分は柿本幸造の作品を好きになった。

『どうぞのいす』 作:香山美子 ひさかたチャイルド 1981年

  

最初の印象はとてつもなくかわいい。やさしい。なつかしい。
そして、おしゃれ!
色もきれいだし、絵本なのに変な表現だけど、洗練されているなぁと思った。
ものすごくデザイン性が高いと思った。

  
  



出典:
http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/exhibitioninfo/2018/08/post-164.html

  
  

今回の展示は、人気絵本の原画やアイデアスケッチなど約200点。
なかでも、日産自動車のカレンダーなど、デザイナー時代の作品は初めて見た。

見応えがありました。

  
  


会期 2018/9/29(土)~11/11(日)(会期終了)
開催場所 武蔵野市立吉祥寺美術館




読んでくださってありがとうございます!
ポチッとしてね。


アートランキング

  
  

コメント