「イッタラ展 フィンランドガラスのきらめき」@Bunkamura ザ・ミュージアムに行ってきた!

「イッタラ展 フィンランドガラスのきらめき」@Bunkamura ザ・ミュージアムに行ってきた!アートとデザイン
スポンサーリンク

ご訪問いただきありがとうございます。
マンダラデザインアートブログのsachiです。

 

2022年9月、「イッタラ展 フィンランドガラスのきらめき」を観に渋谷の文化村ザ・ミュージアムに行きました。

アメリカン・エキスプレスのカード会員限定で、通常より1時間早く貸切鑑賞できる抽選キャンペーンに応募し当選したので、混雑を避けてゆったりと観ることができました。(チケットは普通に購入)

 

「イッタラ展 フィンランドガラスのきらめき」@Bunkamura ザ・ミュージアムに行ってきた!

フィンランドを代表するライフスタイルブランド、イッタラ。1881年にフィンランド南部のイッタラ村に設立されたガラス工場からスタートした同ブランドは、アルヴァ・アアルトやカイ・フランクらフィンランドデザインの発展を牽引した建築家やデザイナーとともに歩んできました。美しさと機能性をすべての人へ提供するという彼らの思想のもと送り出されてきたプロダクトは、今なお世界中で愛され続けています。

上のフライヤーより抜粋

今回の展示の見どころは

① イッタラの140年におよぶ軌跡を450点以上の作品を通して紹介
② 日本初、イッタラの大規模巡回展!
③ デザイナーを通して見るイッタラと日本のつながり

とのこと。

 

「イッタラ展 フィンランドガラスのきらめき」@Bunkamura ザ・ミュージアムに行ってきた!
タピオ・ヴィルカラ《カンタレリ(アンズタケ)》(1947年)のポスター

 

イッタラは日本人に非常に人気があるのに、大規模展が初めてというのは驚き

ブランドの歴史を追いながら、作品を時代ごと・作家ごとに展示しており、とても分かり易かった。
どのスペースにも美しいプロダクトがずらりと並び、見応えを感じました。

 

スポンサーリンク

 

写真撮影は入り口など限られたところを除いてNG。
特設サイトの写真などをお借りして、以下特に好きだったものをご紹介いたします。

 

「イッタラ展 フィンランドガラスのきらめき」@Bunkamura ザ・ミュージアムに行ってきた!
アルヴァ・アアルト・コレクション

 

入り口にはアルヴァ・アアルト・コレクション。写真撮影OK。

建築家でもある、アルヴァ・アアルト(1898-1976)がフィンランドの湖からインスピレーションを得たという「アアルト・ベース」がいっぱい。

「アアルト・ベース」は、1937年のパリ万博において初めてお目見えし、高く評価されました。

 

「イッタラ展 フィンランドガラスのきらめき」@Bunkamura ザ・ミュージアムに行ってきた!
自分は一番手前の茶色いのがほしいな!

 

 

「イッタラ展 フィンランドガラスのきらめき」@Bunkamura ザ・ミュージアムに行ってきた!
ティモ・サルパネヴァ《i-ライン》シリーズ 1956年
出典:https://www.artagenda.jp/exhibition/detail/6754

ティモ・サルパネヴァ。
グレイッシュな色味がたまらない。おしゃれだなー!
ティモ・サルパネヴァは、グラフィックデザイナー出身。

 

 

「イッタラ展 フィンランドガラスのきらめき」@Bunkamura ザ・ミュージアムに行ってきた!
ティモ・サルパネヴァ《マルセル》 1993年
出典:https://www.artagenda.jp/exhibition/detail/6754

 

 

「イッタラ展 フィンランドガラスのきらめき」@Bunkamura ザ・ミュージアムに行ってきた!

 

こちらはTV番組「新美の巨人たち」『イッタラ・北欧デザインの魅力×美村里江』(2022年10月15日)で放送された、実際の展示の様子。

ミュージアムでは撮影NGだったので、、こちらで!

 

「イッタラ展 フィンランドガラスのきらめき」@Bunkamura ザ・ミュージアムに行ってきた!
アイノ・アアルト《水紋》1932年

 

アイノ・アアルトはアルヴァ・アアルトのパートナー。
この美しいフォルム。
素晴らしい!

 

 

「イッタラ展 フィンランドガラスのきらめき」@Bunkamura ザ・ミュージアムに行ってきた!

タピオ・ヴィルカラ《ピルッキアヴァント》

「氷上釣りの穴」というタイトル。
自然からのインスピレーションをそのままかたちにしている感じがいいな。。

 

 

「イッタラ展 フィンランドガラスのきらめき」@Bunkamura ザ・ミュージアムに行ってきた!

タピオ・ヴィルカラ《バーダリンヤー》1960年
出典:https://www.artagenda.jp/exhibition/detail/6754

こちらは「バーダルの氷」というタイトル。
やはり自然の造形そのままな雰囲気がよき。。^^*

 

スポンサーリンク

 

展示の最終章はイッタラと日本のつながりがテーマ。

イッタラを代表するカイ・フランク(ティーマのデザイナー)が日本文化に影響を受けていたことや、ミナ ペルホネンの皆川明氏や隈研吾氏のイッタラでの仕事などが紹介されていました。

ザ・フィンランドデザイン展〜自然が宿るライフスタイル

カイ・フランクの不朽の名作「ティーマ」シリーズ
カイ・フランク《「BAキルタ」カップ&ソーサー他》1952-1975年、アラビア製陶所、ヘルシンキ市立博物館蔵、Photo/Yehia Eweis

 

今回の展示の主催者でもある、約12,000点世界最大級のイッタラコレクションを誇る「フィンランド・デザイン・ミュージアム」にも行ってみたくなりました!

 

↓フィンランド・デザインについてはこちらでも書いています。

 

出口近くの撮影OKスポット↓

「イッタラ展 フィンランドガラスのきらめき」@Bunkamura ザ・ミュージアムに行ってきた!

「イッタラ展 フィンランドガラスのきらめき」@Bunkamura ザ・ミュージアムに行ってきた!
オイバ・トイッカ《バード・バイ・トイッカ》シリーズ

 

ミュージアム・ショップにはイッタラ製品や北欧グッズがずらり。

「イッタラ展 フィンランドガラスのきらめき」@Bunkamura ザ・ミュージアムに行ってきた!

「イッタラ展 フィンランドガラスのきらめき」@Bunkamura ザ・ミュージアムに行ってきた!

図録は以下でも購入可能のようですよ。

「イッタラ展 フィンランドガラスのきらめき」@Bunkamura ザ・ミュージアムに行ってきた!
©2022 The Asahi Shimbun 朝日新聞SHOP
価格3,000円(税込)内容2022年、全248ページ(カラー192ページ、モノクロ56ページ)、A4変形、上製

 

なお、東京での展示後は以下のとおり巡回するとのことです。
ご興味のある方は是非!

巡回情報
2023年4月22日(土)~ 6月19日(月) 島根県立石見美術館
2023年7月1日(土)~ 9月3日(日) 長崎県美術館(予定)
2024年2月17日(土)~ 3月31日(日) 美術館「えき」KYOTO(予定)

出典:https://iittala.exhibit.jp

 

ところで、TRANSIT最新号(58号)はフィンランドの巻。
自分はもちろんすでに購入済み ^^*
読み応えがありましたよ!

「イッタラ展 フィンランドガラスのきらめき」東京展
会期: 2022年9月17日(土)~11月10日(木) ※休館日:9月27日(火)
会場: Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷)
開館時間: 10:00-18:00(入館は17:30まで)毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
主催: Bunkamura、フィンランド・デザイン・ミュージアム、朝日新聞社
特別協力: Iittala
後援 :フィンランド大使館

最後までお読みいただきありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。
お役にたちましたら、クリックお願いいたします。今後の励みといたします。

にほんブログ村 美術ブログへ

コメント