【残像日録】ケーキを焼いてマリアージュの紅茶をいただく

【残像日録】ケーキを焼いてマリアージュの紅茶をいただく残像日録
スポンサーリンク

日々の残像を、ゆるゆるメモします。

 

お茶の時間を大切にするようになったのは、コロナ禍以降だと思う。
暮らしの中に小さな楽しみを見つけ、活力を得るように心がけています。

先日はイチゴのショートケーキを作り、お茶を丁寧に淹れていただきました。

 

 

紅茶は、お友達からフランス土産にいただいた、MARIAGE FRERES(マリアージュフレール)

 

 

うーん。良いにおい。。
この華やかな茶葉の香りを嗅いでいるだけで、すでに至福の心地。

モンターニュ ドゥ ジェイド®(翡翠の山)というフレーバーです。

 

モンターニュ ドゥ ジェイド®(翡翠の山) —魅惑的なエッセンス—
MONTAGNE DE JADE® 緑茶 パフュメ フルーツ&花


完璧さと純粋さのしるしである翡翠は、天と地の調和を象徴しています。翡翠色の緑茶からは、あのモンターニュ ドールの優雅でミステリアスな香りが立ち上ります。絹のような妙薬にして、静けさを称えたお茶です。

出典:https://www.mariagefreres.co.jp/category_detail.php?code=T956

 

お湯を沸かして、ポットもカップも温めます。

【残像日録】ケーキを焼いてマリアージュの紅茶をいただく

ジャンピング*も目に美味しい。
紅茶の香りや旨味をマックスで引き出します。

(* 茶葉が水中で上下すること)

 

【残像日録】ケーキを焼いてマリアージュの紅茶をいただく

ちょっとカップがエレガントではないけれど、ひとときの幸せ時間いただきます!

 

 

すべては通り過ぎてゆく。

最後までお読みいただきありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。
お役にたちましたら、クリックお願いいたします。今後の励みといたします。

にほんブログ村 美術ブログへ

スポンサーリンク

コメント