ニコン100周年記念写真展 高砂淳二「LIGHT on LIFE」

アート
スポンサーリンク

こんにちは。マンダラデザインアートブログのsachiです。

高砂淳二氏の「LIGHT on LIFE」展に行きました。
新宿のエルタワー内にあるニコンプラザ THE GALLERY 1+2で開催中。
場内は撮影OKでした。

 

写真 2017-08-24 15 52 21

高砂淳二写真

出典:
高砂淳二「LIGHT on LIFE」展

 

 

 

入場してすぐに目に飛び込んできたのは、鮮やかな色、色、色!

もう、はっと目が覚めた。こころ鷲掴み。

 

写真 2017-08-24 15 52 37

写真 2017-08-24 15 52 58

写真 2017-08-24 16 07 37

 

例えば下のアカメアマガエルちゃん。
グリーン。オレンジ。赤。ブルー。
焦点が合ったところから緩やかにボケていくビビッドカラーのグラデーション

フレームやマットの黒を背景に原色がマックスで映える。

これはもう自然界の色彩曼荼羅

 

写真 2017-08-24 15 53 28

カエルってほんと最高!

 

写真に添えられた高砂氏の文章が、どれも深い愛情に満ち溢れている。
高砂氏自身が彼らとの触れ合いを楽しみながら撮っていることが伝わってくるのだ。

下の写真は、今回高砂氏が出した写真集「LIGHT on LIFE」の表紙を飾っているが、それに添えられたコピーは、

 

〜カニとアジサシが鉢合わせ。しばらくお互いに固まっていたが、どちらからともなく視線をそらし、離れていった。〜

shinjuku_ex_20170814_02
出典:
高砂淳二「LIGHT on LIFE」展

 

アジサシの顔の角度。目つき。手(羽)の下ろし方。そして、足の重心の置き方。
カニの表情はよく見えない。だがだいたいの想像はつく。
きっと「わ。やべ…」という顔をしているのだろう。
かわいい。もう、この1枚をずっと見ていられるー(笑)

 

愛らしい。美しい。神々しい
そう感じるこころをたよりに自然とコミュニケーションを図りながら撮影してきた、と高砂氏はいう。

なるべく自然を愛でるようにして世界を撮って回っている、という言葉には、地球への大きな敬意を感じる。
見ていてとても良い気持ちになる写真展だった。

観賞の後、購入した下の写真集にサインしていただき、カエルちゃんの前でいっしょに写真を撮っていただきました。カレンダーも買えばよかった。
とても優しい話し方をされる方。愛情深いのだろうな。
お忙しいあなたにこそおすすめの写真集です!

高砂淳二写真集 高砂淳二写真集 高砂淳二写真集 高砂淳二写真集 高砂淳二写真集

 

ニコン100周年記念・高砂淳二写真展「LIGHT on LIFE」
会期:8月14日(月)~9月4日(月)
会場:新宿ニコンプラザ THE GALLERY 1+2
〒163-1528東京都新宿区西新宿1-6-1新宿エルタワー28階
10:30~18:30(最終日は15:00まで)、日曜休館、入場無料
スポンサードリンク:

ご訪問ありがとうございます!
よかったらクリックお願いします。励みになります。

にほんブログ村 美術ブログへ

コメント